まみねこLIFE

まみねこLIFE

ことのは置場

あい


愛。
日本語ひらがな50音の、はじめの二文字であり、
青は藍より出でて藍より青し
あいはeyeの読みであり
愛はloveをさす

恋は、変わる心、惹かれて好きになることで心の変わる様、と書いたり
愛は心を受けると書いたり

愛とは?

今の私にとって(前提)
愛はloveであり、
loveは世界平和です。




日本における、愛とは。

明治以降にloveという言葉が日本に入ってきて、それを翻訳するためにあてた言葉が、愛。
それ以前の日本では、愛は何と表現したでしょう。
愛を知る前の日本で、人の心をつなぐものは、
情となさけ、だったそう。
だから日本人は、愛情、と言うんですね。

その当時に、愛という言葉に慣れない日本人が、慣れなくとも照れながら不器用にも、愛してると言ってくれる様を思えば、
相手を喜ばせようとの意思を感じられる、なんとも言い換えられぬ嬉しさのあったことでしょう。

気持ちを伝える言葉は、愛でなくとも足りていた。慣れた表現が他にたくさんあった、その中で慣れない新しい言葉と表現を選んで使うのは、相手を喜ばせるために他ならないのでは。

ですから日本人は、愛してるという言葉が大好きです。
そういった経緯で、愛してるは、恋人の心をぐっと惹く言葉となったからです。

好きだ、というのと、愛してる、というのとで
言語からみた視点での大きな違いは何かというと
好き+だ/である、というのは、形容動詞です。状態を表す=形容する動詞です。
愛してる、というのは、動詞です。

英語では
アイライクユーもアイラブユーも
この使い方のときはlikeもloveも動詞です。
日本語にあてるなら、私はあなたを好いています/私はあなたを愛しています(どちらも動詞)

形容動詞と動詞では
どのくらい能動的であるかの印象に差が生じます。
なんとなく好きなことは大いにありますが、なんとなく愛することは想像に難いですね。
能動的であるとは、自ら動く意志があること、
好きである状態を表す形容動詞より、
愛する、愛してる、と、動く詞の動詞の方が、自ら動く能動的な意思をより強く感じるものです。

だから日本人は、愛してるという言葉が大好きです。
強い意志を感じて心が動くからです。

大好きな言葉は、どんどん使うので流行します。
今までのものより心を動かす言葉の力あるものが、流行ります。
日本は異国文化を魔改造する国と民族なので、好きなものはもっと好きなものに魔改造して更に流行ります。
愛をより好きな言葉にしたものが、愛情といえるでしょう。

そうして本来のloveの意味から離れます。
日本で魔改造されたものは、それを日本に持ち込んだ元の国では理解されないものへ変貌します。

つまり、結論として
私が言いたいことは
今となってはアイラブユーと愛してるは違う意味を持つ、ということ。

日本人がアイラブユーと言うのも
外国人が愛してますと言うのも
どの文化圏において自分自身の価値体系を築いたか、それによって言葉を発する心の在り様が違います。
言語の違いは文化の違いであり、文化の違いは価値体系の違いです。
それを理解した上で発した異国語でなければ、異国人と同じ意味での異国語を使えたとは言えないでしょう。
もちろん、異国人と交流をしたいなら、異国人と違う意味であっても異国語を話して使うことはどんどんすべきです。
国内であっても、方言や訛りに同じことが言えると思います。
慣れない言葉を慣れないながら不器用ながらも発するからこそ、聞いた人の心が動くというのは、愛してるの言葉で述べた通りです。
使いながら理解を深めていくものが、言語学です。

そして、相手に愛を伝えようと努力する人の様子は、
言語も国も文化も、どんな壁も越えるのではないでしょうか。