まみねこLIFE

まみねこLIFE

ことのは置場

出会えたことを

出会えたことを
大切にしようと
大切な人だから
失わないために

そんなふうに思えなくなるのは
なんでなの

いつの間にかの片思いいつも

失ったことが無い人だからなのか
いくらでもかけがえがあるのか

やっぱり私は
私がいない方が幸せになる人ばっかり
思い浮かぶ

「仲直りエッチ」を考える

高校生の頃は、ケンカのあとの仲直りエッチは普段のエッチよりも気持ちが繋がるように感じて好きだった。
元夫とうまくいかなくなり始めた頃から「仲直りエッチ」というものに激しく拒絶反応したのは、
なぜか。
根本的な原因の解決にならないからとか、話し合いで論理的に解決策を出したいとか、
仲直り出来ず気持ちがスッキリしないままエッチする気分にはなれないというか、そういう流れに流されて黙らされるのが嫌だったというか、
「ケンカのあとのエッチ」でなくて
「ケンカは終わってないけどエッチでごまかす」という行為がどうしても受け入れられなかった。
セックスレスの生活ではなおさら、普段のエッチよりも気持ちが繋がる、なんて比較の対象になるような「普段のエッチ」がそもそも無いので、エッチで誤魔化されるのが嫌だという感覚が強まった。

同棲や同居して生活をともにする異性のパートナーは結婚前にもいた事があるけど、
どうしてセックスレスになっただろうか。
性的興奮や欲情した時にすぐ求愛行動できない理由は、仕事だった。
仕事に支障をきたすからセックスは週末、とか、何曜日とか、週に一度とか、
スケジュール管理みたいに性を管理してしまうと、
性のもつ心と身と双方に影響するエネルギーはネガティブになり、
ネガティブイメージの相乗でセックスレスになったように思う。
どのパターンも。

今のところまた他の誰かと暮らすことなど想像も出来ないが、
アメリカの平均と噂に聞くようなセックス週三回なんて生活をしてみたい。
やってみたらまた何かわかることがあるかもしれない。

学生の頃ならあったけど
社会人として生活しながらのセックス週三回は、想像できない。

年齢を重ねて知識も経験も重ねて、
どんどん頭でっかちになって、
素直に感じることが難しくなって、
性も閉ざしていくのを感じる。
「面倒くさい」と言っていろんなことを誤魔化しているのは自分自身に対してもそうだ。

自意識が肥大するのに反比例して自信を失うのはなぜだ。

信頼できるパートナーと暮らしたい。
その願いだけが叶わない。
家族がほしい。

感覚遮断

MRIで、1時間。
出来ることならば1ミリも動くな、と。
じっとしてろ、と。

眠れたら楽なんだろうけど、睡眠薬が無ければ眠れない私は
時間の経過も分からないまま

じっとしてた


そうすると、
認知心理学の講義でも習った「感覚遮断の人体実験」を思い出した。
人間は感覚を遮断されると発狂するという。

確かに、1ミリも動かないでいると、
手のひらに握らされた非常用お知らせポンプすら、
手の中にあるのか無いのか分からなくなる。
指をピクッと動かさなければ、皮膚から接触の感覚が無い。
反対の腕も手も、手のひらが床を向いてるのか天井を向いてるのか、わからない。

呼吸をすると、肺がふくらんで、体の上のタオルがわずかに擦れる。

動かさなければ分からないから、動かそうとしてしまう。
私の意識が、身体が、ここにあるのだと
確かめるために動かしたくなる。

痛みすら恋しい

自傷は本能なのだ。



ともすると、
私の体の痛みも、心の痛みも
幻肢痛なのかもしれない。


私が今ここに生きているという感覚が幻で、
私の記憶なんか、すべて妄想かもしれない。


ただひとつ、
たしかなことは

『事実がどうであれ』、
『その人が認知することが』、
『その人にとって真実である』。

ということ。

妄想

守りたいって言われてみたいが
自分のことは自分で守れるわいとも思う
意地を張るなと言われてみたい
強がるなと

意地を張らなくても大丈夫だと
強がらなくても安全だよと

全ての力を抜いて脱力できるくらいの
安心できる居場所が欲しい
薬を飲まずに眠りたい

私の屁理屈をふさいで
体なしに、言葉なしに

心だけ抱きしめてほしい


アーカーシャ

いやだ

流されるのはいやだ。
ゆっくりでじれったくても、
早くて目まぐるしくても、
私に私らしく生きさせて。

let me live

怖いもの

怖いものは
あんまりない
思いつかない
いちばん強くて、
いちばん怖いのは
自分自身

心が傷ついても
体が傷ついても
嫌になるほど、
治ってしまうから

心の感度が
高いまま生きたいから
心にドアも壁も無いから
自由に感じ
何に傷付き何に震えるか
それは私が選べること
私の心はどこまでも自由で
私の心を傷付けられるのは、
私だけだと知ってるから

怖いものは
少ししかない

痛みなら怖くない
治るから
悲しみも味わい深い
癒えるから

身を切るほどの痛みも
しゃぶりつくすんだ
そしていつか
活かす

私は
わたしは
1人で何でも出来るようになるたびに
それが淋しい

マインドセット

最近知った言葉。

「マインドセットとは、経験、教育、先入観などから形成される思考様式、心理状態。 暗黙の了解事項、思い込み(パラダイム)、価値観、信念などがこれに含まれる。 マインドセットという言い方は、人の意識や心理状態は一面的なとらえ方はできず、多面的に見てセットしたものがマインドの全体像を表しているということから来ている。」

あと「価値体系」
価値観ではなくて、価値体系。

こういう文化圏で、こういう環境で育ったから「しかたない」んじゃなくて
いつでも自分で自分のマインドも価値体系も
変化させて、何度でも
自分で自分を変えられるんだということ
忘れないようにしたい。

できない/しない言い訳を考えるくらいなら
どうやったら、って考えたい。

自分だけなんですよ。
自分の心を傷付けられるのも、
自分の心を変えられるのも。

パラダイムを広げるとか変えるとか
コンフォートゾーンを出るとか、外から見るとか
色んな言葉で言われてる事の本質的な意味は酷似していて

卵の殻をやぶれ、何度でも
ユング心理学っぽいかな

自分を制限する、自分の心の檻は
実は自分で作ったものだから
自分で壊せるし、自分で作り替えられるんだよ、と

するべきだ、しちゃダメだ、って
そういう思考に「なんで?」と自問自答すると
自分で作った自分の檻の形が見えますよ。


最近の私のお気に入りは
「まいっかマインド」

今の私の大嫌いマインドは
使役動詞「させる/させない」